チェックをする

老若男女問わずに言えることですが、難聴に気づくまでに時間がかかってしまうことが高いです。
しかし、難聴になると何かしらサインになる行動をとっていることがあります。
そのサインは些細なことですが、第三者ができる限り早くそのサインに気づいてあげることが重要になってきます。
難聴の状態には個人差がありますが、例えば人と会話をしているときに聞き返す人や、日常生活の中で音が上手く聞き取れないなどがあります。
テレビの音が大きいことや声の調節ができないなどと症状の悪化とともに様々なサインが出てくるので、小さなサインに早く気づいてあげましょう。
難聴は耳が聴こえにくくなってしまうため、補聴器を使用することが多いです。早めに判断してその人にあった補聴器を使用させることで日常生活で支障を出すことも少なくなります。

難聴は高齢者に多いとされていますが、現在は大人だけではなく子供にも多いとされています。
難聴になると自然回復することはなく時間の経過とともに状態が悪くなってしまいます。
幼い子の難聴を確認するためにはいくつかの方法を行って診断をしていきます。
3歳から5歳の幼児の場合は遊戯聴力検査と呼ばれる方法で聴力の検査を行ないます。この検査はとても単純で、音が聞こえたらおはじきなどの道具を取るような単純な遊びをしながら検査を行ないます。きちんと音が聴こえている場合は行動で示せるようになっています。
幼児以外には大人も行うような聴力検査をしていきます。
検査方法は簡単で、音が聞こえたらボタンを押してもらうことで判断できます。
難聴と診断された場合、症状にもよりますが多くの場合は補聴器を使用することを薦められます。一時的なものであれば問題はありませんが、多くの場合は補聴器が必要な場合があるので症状に合わせた補聴器を選べるように知識をつけておきましょう。
難聴は軽度中度だと補聴器で音を拾うことができますが、重度になってしまうと補聴器を使用しても音であると分かる程度しか感じられない場合があるので、補聴器が必要かどうかの判断も必要になってきます。