子どもの聞こえ方

呼びかけに答えない、話しかけてもぼーっとしている様子が見られるといった症状で耳鼻科を来院し、判明するケースも多いのが難聴です。
生まれつき先天性のものや、おたふくかぜの後遺症、または高齢化によって難聴となるケースもあります。
子どもや大人の難聴はなかなか分かりにくいことが多いことも特徴です。
特に子どもの場合は聞こえてることや聞こえてないという判断をするのは難しい場合があるからです。
特に両耳だけではなく片耳が聞こえにくいという場合は発見が遅れる事が多いです。
片耳のみの難聴で、もう一方が正常な機能を備えた場合、ある程度の音は聞こえてコミュニケーションなどでもそんなに目立った支障が出ずに、見過ごされてしまいがちです。
耳の聞こえ具合は周りから分かりにくい問題なので、例えば小学校入学前の身体検査で初めて分かったという例もあるのです。
しかしそのような場合でも、日常生活に支障ないレベルの難聴である場合が少なくありません。
もちろん、その判断のためには耳鼻科などで専門的な検査をする必要があります。

しかしもし高度の難聴がある場合で、それが見過ごされると子どもにとっては重大な損失となります。
心身ともに発達の速度が早い幼少期では、それが早い段階であればあるほど、後々の影響が出ると言われています。
言葉を話すのに必要なのは、耳で聞いて覚える事です。
言葉を話す事を取得し、また理解力や表現力といった発達も進んでいきます。
これらの発達が遅れるその後の学習は元より、音として聞こえていても、意味を理解しない場合や音声の一部が聞こえないので言語発達が遅れるといった事が考えられます。
また、何度も聞き返してしまう事で周りに迷惑をかけると感じてしまい、聞き間違えをして会話が咬み合わないという事が起きると、子ども自身からコミュニケーションを閉ざしてしまうこともあります。
耳の問題はデリケートなので、周りの大人がふとした違和感に気づくことが大切なのです。

難聴かと感じたら、まずは耳鼻咽喉科などで専門医から検査を受ける事が大事です。
もし難聴と診断された場合でも、補聴器を利用することで多くの問題は解決します。
技術の進歩に伴い、性能の良い様々な補聴器を選ぶ事が出来ます。
子ども向けから成人向けの補聴器も開発が進んでおり、汗をかいても安心な防水・防塵タイプの補聴器もあるなど、通常の生活を送る上で困難を感じる事なく過ごすことが出来るのです。
また最近は補聴器を見えにくく、小さくする技術とともに、デザインなどにも目を向けた商品も多くなっています。
補助具としてではなく、耳の役割をおしゃれに果たすものとして、補聴器は認められてきているのです。